ホーム商工会議所について>中長期ビジョンについて

中長期ビジョンについて

町田商工会議所の中長期ビジョン

町田商工会議所では創立25周年を契機に地域総合経済団体(地域の総合コーディネーター)としての果たすべき役割を改めて見直すとともに、価値観の多様化や人口減少社会の進展など様々な外部環境の変化に対応し、会議所の役割を最大限に発揮できるよう2024年までの10年間にわたる進むべき道として、中長期ビジョンを平成26年4月に策定しました。

この中長期ビジョンは町田の産業振興のひとつの方向性として行政に受け入れられ、また、個々の会員皆さまにとっても歩むべき新しい時代の道しるべとして共有されることを期待して策定しており、“ヒト”が活躍した町田をめざすものです。

活動方針からアクションプランへ

中長期ビジョンは土台となる「活動方針」とそれを支える柱となる3つの「活動理念」からなっています。さらに、活動理念は9つの「重点施策」からなっており、「重点施策」は15の「アクションプラン」へとつながり、個々の事業が取り組まれています。

ヒトと共にヒトを創り、ヒトを活かす街をめざして

右肩上がりで増加してきた町田市の人口も2020年頃からは、全国的な人口減少とともに超高齢化社会の到来を迎えるものと思われます。今後の経済社会環境において最も重要と思われる「人」をキーワードと捉え、いわゆる経営学でいう経営資源の三要素(ヒト、モノ、カネ)のなかでも重要な要素である「ヒト」を活動方針に掲げました。ここでいう「ヒト」は経営者・従業員・市民・来街者などの「個」と会員企業・商工業者・行政および関係機関の組織も「ヒト」と位置付け、商工会議所を取り巻くあらゆる「ヒト」と指すものです。

多彩な関係から生まれる「ヒト」を通じて組織の連携・強化を図り、新たな「ヒト」や新しい発想の「ヒト」が「ヒト」や「モノ」を創造し、活力ある「ヒト」の活動により街をそして地域経済を元気にすることを目指しています。

本編はこちら PDF:871KB

中長期ビジョン統一ロゴマーク

中長期ビジョンが会員みなさまにも共有され、”ヒトと共にヒトを創り、ヒトを活かす”ことが町田市全体の産業振興につながればとの思いから、ロゴを作成いたしました。このロゴが入ったポスター・チラシは中長期ビジョンに掲げる事業になります。

このページの上へ