ホーム経営サポート事業資金>借り入れの前に

借り入れの前に

借入の前に(上手な借入のポイント)

資金繰りが必要となる原因

企業の営業活動で資金の循環をみると、まずスタートはお金を用意する、そのお金で固定資産を買い、商品を仕入れ、人を雇う、というように、お金を先に支出して、その商品に利益を加えて売ってお金に戻すといったルートをたどりながら拡大していきます。つまり『お金→物→利益をプラスしたお金』という順序で資金が循環していき、その順序は狂いません。これが資金循環の原理ですから、資金は不足する運命にあるといえます。

金融機関から借入のポイント

1. 必ず持とう金融戦略

長期的に企業の体質を強化し、自己資金の増加をはかり、それまでの資金調達と返済を金融機関別に立てるシナリオづくりが必要となります。特に金融戦略には、メインの金融機関、サブの金融機関と、企業の強みと弱みをしっかり掴んでおくことが必要です。

2. 金融機関からみた魅力ある企業

健全な経営とは、採算が安定しているか、借入金の元金と利息を支払う力があるかどうかを貸借対照表・損益計算書(決算書)の提出を求め、他の金融機関からの借入状況や担保状況などを調べることになるのです。企業側としては、安定感を与えるために、経営内容を金融機関に熟知するように説明することが大切です。

3. 何に使うのか、いつ、どのようにそれを返すのか

借入の申込をするときは、何に使うのか。いくら、いつ、必要なのか。いつ、どのようにそれを返すのかを金融機関に納得してもらうことが大切です。

  • 商品の仕入れや買掛金・支払手形の決済などの資金として『運転資金』
  • 工場・店舗の新築・改築・改装や機械などの購入資金として『設備資金』
  • 業種の変更などに際しての設備に『特定設備資金』 のどれかによって、長期資金(1年以上のもの)と短期資金に判断します。
4. 重視される経営者の資質と経営手腕

中小企業の場合、その企業の衰退は経営者個人の人物にかかっているといえます。従って、金融機関が融資を判定する場合、その企業の経営者の人物評価に相当のウエイトをおいています。

経営者としての個人の評価は、「信念を持っていること」「誠実でウソを言わないこと」「約束は必ず履行すること」「従業員に信頼されていること」「バイタリティに富み、経営手腕にたけていること」です。

このページの上へ